手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

ジャパンバードフェスティバル2011

我孫子市鳥博物館へ。
ジャパンバードフェスティバル 014-1

階段のスペースに展示されてました。凄く色がきれい。

カナダカケス。
ジャパンバードフェスティバル 016-1

コチョウゲンボウ。
ジャパンバードフェスティバル 017-1

アンナハチドリ。
ジャパンバードフェスティバル 018-1

3階で開催の鳥クイズに参加しました。
剥製の鳥達をみて答えを探します。

チョウゲンボウ。
ジャパンバードフェスティバル 020-1

説明文。
ジャパンバードフェスティバル 042-1

エゾライチョウ。
ジャパンバードフェスティバル 022-1

オオバン。
ジャパンバードフェスティバル 024-1

キジバト。
ジャパンバードフェスティバル 028-1

アオバト。
ジャパンバードフェスティバル 029-1

観察しないと答えが出ない問題って。
去年は自分の好きな鳥しか見てないから新しい発見ありです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事