手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴず

皮膚真菌症と診断されました。

治療の選択は
①内服薬→長期間服用となる為副作用が心配。
②外用薬→羽があるので手間かかる。
③治療せず

外用薬を選びました。

帰宅して。
文鳥 12 227-1

外用薬ポピドンヨードが処方され。
文鳥 12 228-1

ベビー綿棒購入して。
文鳥 12 230-1

一滴たらして。1日2回羽を退かして皮膚に薄く塗布。
文鳥 12 229-1

塗布してから籠へ。
文鳥 12 233-1

すぐに餌を食べ始めて。
文鳥 12 236-1

左側頭部は皮膚の色が痂皮で黄色になってて。
文鳥 12 239-1

こすると駄目なのでトントンと。
文鳥 12 243-1

目の上は難しいです。
文鳥 12 244-1

右側頭部も塗布することに。
長期戦になるそうです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。