手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

鳥獣ペットクリニックへ

お迎え前から予約してましたペットクリニック受診です。

スポットライトを浴びて診察開始です。
文鳥 11 814-1

持参した成長記録を獣医師が読んで。
文鳥 11 815-1

触診で保定されて。
文鳥 11 816-1

くちばしもお尻もとてもきれいで、
『何も無いのにチューブ入れられて痛いおもいするのは嫌でちゅよね』って。
感染症等の検査は一切せずとなりました。

体重測定だけして。体重が23gとお迎えした時より3g減少してまして。
『でも痩せてはいない』と言われてほっとしました。

終わったら獣医師の手から中々降りず。
獣医師が『今日はここにいる?』と。

籠に戻したら餌を食べ始めました。
文鳥 11 817-1

1週間は放鳥せず環境に慣れさせるのを優先させて。
まずは手を怖がらないようになってもらわんとね。
その後は1羽単独での放鳥を。
それから他の文鳥達とご一緒にとなりました。

次回は半年後受診です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事