手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

男の仔たちを放鳥

よっちゃんはいちにさんごちゃんのそばが良くて、
いちにさんごちゃんの籠の上に行く仔を蹴散らかしてました。
おっとりのよっちゃん。
文鳥 11 742-1

はりついて。さんごちゃんも寄ってきて。
文鳥 11 747-1

入れてくれよ~
文鳥 11 748-1

おびは一緒になってがるるもせず大人しくしてます。
ここなら安全かな?
文鳥 11 749-1

他の仔の動きを目で追って。
文鳥 11 739-1

ずっとここにいて動かず。
文鳥 11 752-1

あざぜるは誰かれかまわず喧嘩売っています。
いちにちゃんの籠前で陣取って。
文鳥 11 750-1

となりの籠で毛繕いして。
文鳥 11 751-1
あまりにも闘いを挑んでるので最初に籠へ戻しました。
あざぜるが引っ掻き回してる。1番若いからか?

Comment

NoTitle

アジ-君、やりたい放題ですね。
まったくもう(--;

「若いから?」

…いいえ、そうではありません。
家系をお忘れですか?
「夜毎、襲撃にくる吸血鬼」なんですから!笑。

それから、「あざぜる」と、いう名前。
悪魔のボスみたいな意味だった気がします…。
こりゃあもう筋金入りでございます…。
名は体を表す、ということでお願いいたします。
  • posted by Miyako
  • URL
  • 2011.04/09 12:22分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事