手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

透析の様子を

父の人工血管もようやくはれが引いてきて使用可能になってきて。

次の透析病院を探すのに指標になればと思って、
慈恵透析室では、
どんな機械でどのように透析をしているのかを見学させて貰いました。

一連の流れを最初から見たかったのですが、
最初の30分は準備等で忙しいからと見せて貰えず。

透析室に入室した時には透析中の状態。
透析患者でベットはいっぱいで全員マスクを着用してました。
モニターも装着しててあちこちで鳴ってます。
その度に看護師達は右に左にと。
お尻が痛くても喋れない父は看護師に伝えるのは難しいなぁ。

父の担当看護師が細かく説明してくれて、
適性体重の決め方・静脈圧と透析液圧の決め方・
ダイアライザーの種類・抗凝固薬・
血液流量等透析カードと透析手帳をいただく方法とかも色々お尋ねして。
もちろん父の撮影もさせて貰って。

1時間程で退室しました。
後は緊急時の避難の仕方と止血ベルトの購入先を聞かないと。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事