手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京バードフェスティバル

11時から【はじめてのバードウォッチング】に参加。
東京バードフェスティバル 058-1

自然生態園の田んぼ。
東京バードフェスティバル 064-1

自然生態園の畑。
東京バードフェスティバル 065-1

Cエリア。
東観察広場。
東京バードフェスティバル 081-1

観察の仕方説明。
東京バードフェスティバル 080-1

隙間からのぞいて。
東京バードフェスティバル 082-1

東淡水池。
ダイサギ。嘴が黄色いのは冬バージョン。
東京バードフェスティバル 086-1

アオサギ。
日本で1番大きいサギ。翼を広げると176cmあると。
東京バードフェスティバル 094-1

ネイチャーセンター下。
ハクセキレイ。
東京バードフェスティバル 101-1

潮入りの池。
かわうの群れ。
東京バードフェスティバル 102-1

くいの上で休むかわう。
東京バードフェスティバル 114-1

泳いでるかわう。
東京バードフェスティバル 124-1

カルガモ。
東京バードフェスティバル 116-1

鳴き声はすれど姿はみえずでオオヨシキリが撮影できなかった。
東京バードフェスティバル 097-1
緑がきれい。

こちどりも撮影できなかった。。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。