手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

氷細工の実演を見て来ました

アイスコンペティション優勝の講師による
氷細工の製作実演です。

縦50cm×横56cm×厚さ13cmの氷。
洋菓子 022-1

何を製作か見当つかず。
洋菓子 027-1

バショウカジキだそうで。
途中まで作製してシートを被せて置いておく。
洋菓子 042-1

やや完成です。
洋菓子 045-1

他の作品を作成して。
洋菓子 039-1

また最初のに戻って手を入れて。
完成台に乗せた。
洋菓子 048-1

2個目のバショウカジキを下方に。
洋菓子 049-1

立体感でました。

隣に3個目のバショウカジキを。
洋菓子 051-1

足台を波型に削ったりと細工中。
洋菓子 053-1

ドライアイスを置いて。
洋菓子 060-1

生花を飾り完成です。
洋菓子 063-1

裏側から見ても細かい仕事ぶりです。
洋菓子 074-1

なにやら削ってます。
洋菓子 055-1

注射器で色つけて。
洋菓子 057-1

バラの花ができました。
洋菓子 070-1

長時間の作業で足元は水びちょ。
藤が丘でイタリア料理店をやっているシェフだと。
料理も美味しいでしょう。多分。。

Comment

NoTitle

ご無沙汰しております。
この氷の彫刻家の方、もしかすると8月に予定されているすみだストリートジャズフェスティバルに参加するかも知れません。

もしも、この方でなかったとしても、チャンピオン級の方がパフォーマンスを演じて下さると言う話があります。

すみだストリートジャズフェスティバル
http://sumida-jazz.jp/
  • posted by ごんぞう@すみだJAZZ
  • URL
  • 2010.05/28 23:37分
  • [Edit]

こんばんは

氷細工の製作実演、そんな近くで見れるんですね!
綺麗ですね、細かい作業が芸術ですねー
手先が細やかなシェフが作るイタリア料理なら
絶対美味しいと思います♪
  • posted by まる
  • URL
  • 2010.05/29 00:44分
  • [Edit]

ごんぞう様。
彫刻家は猿○様です。
休憩もとらず飲み食いせずで製作しておりました。
8月は氷が更に溶け易くて大変ですね。
また見学させていただきます。
  • posted by ぴいちゃん
  • URL
  • 2010.05/29 20:01分
  • [Edit]

こんばんは

まる様。
近すぎて氷や水が飛んできました!
足元は水びちゃでツルツル状態と作品を撮影するのも大変でした。
本当に器用な方でちゃっちゃっと削って彫ってと。
氷細工の業をなさっている方とずっと思って見てました。
  • posted by ぴいちゃん
  • URL
  • 2010.05/29 20:10分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事