手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

鳥獣ペットクリニック

日中暖かいので連れて行きました。
腫瘍の側の羽が抜けてて診て貰いました。
触診中。
文鳥 16 104-1

色々と触診中。
文鳥 16 105-1

体重22g腫瘍状態に変化は無いと。
羽が無い所は餌を食べるのに床から容器に背伸びして擦れた為と。

容器は床に直置きとなりました。

触診後水が飲みたいと空容器を突いてたので
獣医師がビタミン入りの飲み水を入れてくれました。

後に下がり引けている。
文鳥 16 106-1

大丈夫だよ飲んでと声かけたら飲み始めました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事