手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月後の診察です。

くろのヘルニアに対して、

大きくなっている所の変化を診てもらいました。
前回と比較して大きくはなっていないと。
癌・腫瘍ではないようで一安心です。

1ヶ月ごとの通院経過観察になりました。
文鳥  7 890-1

とっても元気で診察中も獣医師の手につかまりたくないと逃げ回ってた。
文鳥  7 896-1

ぴょっちは換羽がままならず診察中もぼろぼろと抜けてました。
顔色は相変わらず悪いといわれ、尾羽根付近の地肌がみえるので、

診察してもらったら、尾腺つまりと。

文鳥  7 914-1

大きさ直径3ミリ程の油泡をピンク針でプンクしてしごいて出しました。
抗生剤を7日間内服して25日に状態を診せることに。
文鳥  7 921-1
気にして突っついたりしませんように。。

爪も切ってもらったし帰宅後もいつもとかわらずで。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。