手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

産卵後の受診です

十掬直接投与して、本日ペットクリニックへ。

体重は26gと。
触診で握った感じも痩せて胸が三角形にとがって触れました。
元の体重に戻るのは日数がかかるが、
病気による減少ではないから大丈夫でしょうと。

二個目の軟卵は、
5日の昼から夕方に産卵予定で形成途中のものが、
オリーブ油を塗ったことにより、刺激で排出されてしまったのだろうと。
オリーブ油はお勧めいたしませんと。

10日投薬中。
文鳥  7 733-1

アイリングが少し赤くなってきた。
文鳥  7 735-1

受診後帰宅して。
文鳥  7 830-1

いつものいち・にちゃんの籠へ。おしりから失礼。
文鳥  7 835-1

診察中も元気にキャリー内移動してて。
『もう元気ですね』と。
いつまた発情スイッチが入り、産卵になるかは予測出来ないが、
いつもの生活にもどして良いと言われました。


『毒をもられてるの』とでも言いたげな十掬。

自宅の餌・水にはすごい警戒心です。

毎晩就寝前のおび宅襲撃がさらに加速されました。
茶きび緑穂はおび食べれずでした。(あはは)

穂はいち・にちゃんの籠上から盗み食いしてるし。

回復してほしいので、見て見ぬふりしてます。

保温も夜だけにして、水入れもいつものピンク色に戻しました。

Comment

NoTitle

4枚目の写真、十ちゃんのおちりが・・・
ひくついているようにも見えます(笑)

回復している様子、よかったね。
  • posted by ダンツマ
  • URL
  • 2009.10/11 21:01分
  • [Edit]

えへへ

十掬のおしりが偶然?撮れて・・・
旦那様が百聞は一見と。
失礼ながらのせました 。

もう本当に頭の良い仔で観察して、
旦那様に『嫌なんだけど』と。
甘えて 訴えて、
つぼを心得てますよ(笑)



  • posted by ぴいちゃん
  • URL
  • 2009.10/12 15:09分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事