手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日のあざぜる

籠に茶黍穂をお祝いで入れました。
文鳥15 400-1

茶黍穂を下に落として。
文鳥15 406-1

巣材のごとく。
文鳥15 413-1

隣の籠のごちゃんに唄って踊って。
文鳥15 416-1

ごちゃんもこの姿勢で聞き入ってます。
文鳥15 419-1

敷紙に潜って。
文鳥15 421-1

カメラにはカメラ目線。
文鳥15 426-1

就寝前の放鳥時は旦那様が縫い物をしていたので、
籠から出ても何処にも行かず私の手の中にいました。

もぉなもあざぜるに寄り添って手の中にいました。

元親様から珀ちゃん(あざぜるの姉妹)が亡くなったと知らせがありました。
珀ちゃんの分迄長生きして欲しいです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。