手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

国立科学博物館

南丹隕石。
国立科学博物館 106-1

ニュートリノをとらえる巨大タンク。
国立科学博物館 115-1

三葉虫。
国立科学博物館 119-1

マンモス。
国立科学博物館 126-1

哺乳類インドリコテリウム。
国立科学博物館 130-1

水牛。
国立科学博物館 148-1

重要文化財日本館。
国立科学博物館 158-1

菱マンガン鉱。
国立科学博物館 166-1

国立科学博物館 163-1

国立科学博物館 169-1

閉館時間で外にでると。
国立科学博物館 184-1

半日では時間たらないです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事