手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

鳥獣ペットクリニックへ

ぴろ君が足をかばっている様子があって
25日に鳥獣ペットクリニックに電話して餌を老鳥組と同じのに変えて様子を見てました。
相変わらず右足・左足を交互に庇って足も腫れているような。

もぉなも産卵してから腹部がほっこりしているので一緒に。
予約日は雪で寒かったので温かくなった日受診となりました。

枡籠へ。
文鳥 13 328-1

2回目の受診で暴れてます。
文鳥 13 329-1

保冷バックでお出かけ。
文鳥 13 331-1

まずはもぉなから診察。
体重31g。卵巣卵管が活性化されている状態だがすぐ産卵する卵は無し。
このまま産卵せず落ち着くかは不透明と。
活発に活動しているのなら大丈夫でしょう。

診察終了して籠へ。
文鳥 13 332-1

次にぴろ君。
体重28g。
年齢体質による栄養障害の角化不全と診断。
左右の足にあかぎれようの傷があると。腫れ出血の炎症所見は無し。
ビタミン剤とヨード剤内服して足の状態を観察となりました。

右足。
文鳥 13 334-1

左足。
文鳥 13 336-1
左足の方が痛いだろうと。

終了して籠へ餌を食べたくて餌入れ前に。。
文鳥 13 340-1
餌がこぼれてて獣医師に補充してもらいました。

餌食べながら周りをみてる。
文鳥 13 342-1

帰宅して。
文鳥 13 344-1

枡籠内は散乱。
文鳥 13 343-1

寒い時期は文鳥達も色々症状出ます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事