手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Entries

やっと

ぴじゅこを埋葬しました。
旦那様のお休みになった土曜日に。
中々納得出来なくてずっと籠の中にいてもらったのですが・・

夕方になってから。
ぴじゅこ 082-1

おやつの穂達も。
ぴじゅこ 091-1

お水も。お線香つけて。
ぴじゅこ 102-1

6才と24日の生涯でした。もっと長生きしてほしかったです。

長老ぴず君や8才のぴお・ぴか・くろ達ばかり看てて、
ぴじゅこは若いからとおざなりになっていました。

多数飼いだから1羽いなくなっても変わらないという事は無く。
中雛で我が家にお迎えしたけれど、
人大好きで遊んでと遊んでと懐っこくて。
コードに乗ってはブランコとして遊んで。

成鳥になって十掬・おび・あざぜる・もぉなをお迎えしても仲良くして。

ぴろ君一筋の仔でした。
十掬・ぴよっちと元気に暮らしてね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事