手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Archive [2010年12月 ] 記事一覧

けろっと

昨日の急変は無かったのごとく落ち着いてます。
10時から2回目の透析へ。
透析中の急変に備えて末妹を1人残して。

旦那様は急変に備えて車出せるように
バッテリーを新品にしタイヤの空気圧をいれてもらい。
文鳥達のお世話してすずめーずを風呂場で1時間放鳥して
18時に全員(全鳥)寝かせて。

再度22時半に家族そろって病室へ。

お世話になりました。
皆様よいお年を。

なんとか

『今朝の採血結果は透析したことで数値が上がった。』
と昨晩泊り看護した妹から電話が来ました。

私は少し休憩させて貰って18時から21時迄付くことに。

文鳥達のあわ穂を追加してすずめーずの茶きび穂交換して、
すずめーずの放鳥が出来ずでまろがすずめを威嚇して、
竹籠の中で暴れてます。
おっすずめがひっくり返ってお腹をみせてる。

明日から旦那様が年末年始の休みになるから
少し楽になるかなぁ?

父の様子を看に行きましょ。採血結果とか見てきましょう。
病棟病室変更したから探していかないと。

透析に

電話です。ドキッ
『今朝の採血結果が悪いので急遽透析します。14時前迄に来て。』

なんですとクレアチニン値グンと上がったか。
透析に耐えられる体力はあるか?頭の中で色々ぐるぐると。

文鳥達とすずめーずのお世話を急いでして。
ぴずの保温確保して板入れて転落防止して。

『透析後明朝の採血結果で次の方針を決めていくと。
1歩1歩ずつ出来ることをベストを尽くして行きましょう』
15時前に透析室入室して19時半に帰室。
父はグッタリしてますが順調に終えました。(ほっ)
1回目は電解質調整を目的としたと説明を受けて。
とりあえずの危機は脱した。
が。
まだ心臓に負担かかっているのは同様なので。

病棟を撮影。
慈恵 030-1

東京タワー
慈恵 034-1

主治医と

10時約束の時間病院に到着したら
『ここへ転院して』と師長がいきなり言って来た。

状態は変わらずで更に悪化しているぞー

紹介された病院は東十条駅の病院で。

ここは嫌だ!

『東京慈恵医科大学付属病院泌尿器科にしたいです。
担当は○○医師を』と即答いたしました。
医師同士の電話連絡でどうにか入院出来る運びに。
12時半救急車で東京慈恵医科大学付属病院へ出発。
初の救急車に私は車酔いしてしまいヘロヘロ。

慈恵 005-1


担当主治医はちゃきちゃきの江戸っ子医師。
まずは私と医師とのベットサイドでの治療しながらの面談。
一言発するたびにズバズバとさくっときられました。(怖~い)
負けてられないのでこちらもやりたいことを言ってと。

それから医師達はかかりつけの病院からの紹介状を
カンファレンスして検討してもらって。

レインボーブリッジ。
慈恵 006-1

東京スカイツリーもみえます。
慈恵 009-1

東京タワー目の前。
慈恵 017-1

18時再度方針検討に。
母は無口だし。妹は泣いてるし。
私はあーだこーだと持っている知識をかき集めて尋ねて。

ようやく医師と方針が決まりました。明日15時約束して。
『予断を許さない状況で病院から電話がないのが元気な証拠』
と念押しをされて帰宅しました。

とても長い1日でした。疲れた。電話来ないでくれよ!

緊急に

父が25日嘔吐して点滴治療開始しても尿が出ずで
14時過ぎ救急車で検査入院しました。
急性腎不全・両尿管結石他と診断された。

18時に主治医と会い説明を受けて、
明日午前中に状態変化がみられなかったら
泌尿器科の治療が出来る病院へ転院となりました。

頼むから石動いて尿を通しておくれ~

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事