手乗り文鳥たちとの日々

ぴずを筆頭にくりひろげられる文鳥たちの日々の様子をつづります。

Archive [2009年10月 ] 記事一覧

尾腺つまりは

なかなか治癒とはなりません。(涙)

同様の2ミリほどの泡が出来てて。
22Gでプンク後、
『ポケット状になってる。内側のをしっかり出さないと炎症起こす』と。
獣医師は丁寧にしごいてました。

抗生剤続行で。
次回は一週間後です。

散歩していいの?
文鳥  7 1095-1

ぴじゅこの籠の上
文鳥  7 1109-1

しばらくして籠に戻そうにも逃亡して拒否。

いち・に・さん・ごちゃんとあちこちへ。
女の仔たちに乗ることなく一緒に遊んでました。
年寄りだし、まあいいっか。
ギャル達にいじめられないかが心配だ。

近頃の付録って

行きつけの書店で漫画本を買ったらバックに入れてくれて、
紙製でなくて布製に驚きました。

付録なのにとってもしっかりした物。

昔の安っぽいすぐに駄目になっちゃうような物じゃないです。
付録のパック 004-1

本の付録として、
バックだのポーチだのシュシュだのソックスだの色々ついてるとな。
コラボ商品なんて人気があって、
前もって発売日を調べ、予約するらしい・・

そういえば、いろんな大きさのバックがあって、
かわいいバックをもってる人をよく見かける。

またまた

無精卵を産卵してました。

25日20時床に卵が1つあって。
文鳥  7 1065-1

十掬は産卵するまで大変だったのに、
ごちゃんなの?さんちゃんなの?
お尻をみても特に変化はなし。
2羽とも何もなかったのごとく活動してます。
固体差でこんなに違うものなのでしょうか?

とりあえず産みたいだけ産ませるしかないか。

一緒にいて毛繕い中をパチリ。
文鳥  7 1070-1

なにか?
文鳥  7 1075-1

カメラは…あんまり好きじゃない。
文鳥  7 1080-1

本日まで待っても次のが無くて。
獣医師は『1個で終了でしょう』と。(良かったぁ)
ぴろ君が籠の上に行くのは禁止だ!
…にしたい。 …できれば。(溜息)

年寄り爺さんたちの

天気がよいので、
ぴずとぴよっちの2羽を放鳥しました。

ぴずはいち・に・さん・ごちゃんの籠の上へ。
ぴよっちはくろ・よっちゃんの籠の上へ。

若い娘が大好きです。
文鳥  7 996-1

まずは自分の籠の上。
文鳥  7 986-1

男の仔の方が好きです。
文鳥  7 1002-1

しばらくしてけんかを始めたので、
つかんでそれぞれの籠へ強制終了しました。15分間の散歩でした。

いつもの元気がなくて

排便時ふんとお尻をふるので、
十掬も換羽中だがペットクリニックへ。

腹部の産卵によるはれは消失しており、
まったく問題なし。

換羽でぽろぽろだけど、
羽軸もたくさん出来てるし大丈夫と。。
この時期は水浴びはしたくありませんよと。
つめを切ってもらいました。

小さいのがさらに小さくなって。
文鳥  7 1024-1

でも気の強いのは変わらず。
文鳥  7 1029-1

かわいいそぶりして反撃いたします。
文鳥  7 1045-1

旦那様へも一撃かましてます。
とくに目に…めがねしててもカンって聞こえてきます。

左サイドMenu

プロフィール

ぴいちゃん

Author:ぴいちゃん
文鳥と暮らして19年。
にぎやかな毎日です。

文鳥たちの紹介

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事